ホーム > ニュース > 本文
製品カテゴリー

無錫Puxin機械工場 | Updated: May 24, 2017

>印刷後、アルミホイルは印刷後にスリット機で切断する必要があります。大量の半製品を必要な大きさに切断すると、半製品の切断時の切断機は巻き戻しおよび巻き戻しプロセスであり、このプロセスには機械の速度制御と張力制御の2つの部分が含まれます。いわゆる張力は、牽引力のアルミ箔と標準的なロールのコアに、アルミ箔は、牽引力の特定のストレッチとテンションに適用する必要があります、アルミニウム箔制御の張力。テンションコントロールとは、装置のアルミニウム箔の張力を永続的に制御する能力であり、機械の加速、減速および一定速度を含むあらゆる動作速度に対して有効に保たれなければならない。緊急停止の場合であっても、フォイルが破損を生じないことを保証する能力を有する。スリッティングマシン張力制御は、基本的に手動張力制御、自動張力制御です。マニュアルテンション制御は、ロールテンションがある段階に変化したときに操作者が手動の電源装置を調整して制御張力の目的を達成するように、巻き戻しまたは巻戻しの過程にある。自動張力制御は、張力センサによって直接に材料ベルトの実際の張力値であり、張力データは張力信号フィードバックバックテンションコントローラに変換され、制御装置を設定するために制御装置の予め設定された張力値と比較される実際の張力値が予め設定された張力値に等しくなるようにして、安定張力を達成するように構成されている。装置の巻き戻しと巻き戻しの張力は、製品の歩留まりに大きな影響を与える大きさを設定し、張力が大きすぎ、巻き戻しがきつすぎる、しわが発生しやすいアルミニウム箔張力が不十分で、アルミニウムホイルが容易にロールに重大な転位を生じ、その結果、アンローディングができず、リールを切断する結果、スイングの品質に影響を与える大きなスイングが発生するため、スリッターは良好な張力検出システムを備えていなければなりません。スリッティングマシン巻き戻しテンション検出システム:テンションセンサの検出可動部の検出方法により直接検出と機械的に緊密な緊張感が得られます。典型的には、2つのセンサが対になって使用され、ガイドローラの両側の端部シャフトに取り付けられます。材料ベルトは、ガイドローラの両側に作用する荷重を検出して張力センサの変位または変形を検出し、張力データを張力信号に変換して張力コントローラにフィードバックすることによって実際の張力値を検出する。
2。スリッティングマシンの巻き戻し張力の減衰と張力の補正:アルミホイルの張力を一定に保つためにアルミホイル巻き戻しと巻き戻しが一般的であると考えられていますが、アルミニウムホイルの品質は向上しません。これを行う最良の方法は、材料ロールの直径または重量の増加と、より小さい直径の重量の張力値の減少とに伴って、特定の法則に従ってホイルの引張強さを増加させることである。スリッティング動作時の自動テンション制御と手動テンション制御のためです。
自動テンション制御システムは、予め設定されたテンション減衰値であり、動作中の材料量の変化に応じて減衰します。自動テンションを設定するときは、最初に初期テンションを設定し、テンション減衰値を設定します。切断されたアルミニウム箔の減衰値を例にすると、設定原理は、アルミニウム箔の引張り減衰値(%)は、アルミニウム箔の端部巻き線の張力から初期張力を差し引いたものに等しく、その後、商には100%が乗算されます。自動テンション値を設定するには、あまりにも大きくするべきではない、またはアルミ箔巻き戻し表面硬度、ひずみ現象が発生する傾向があるが、テンションがあまりにも緩く、巻き戻し不規則なランニングエッジを巻き戻すボリュームを引き起こすには小さすぎます。したがって、ロール制御システムの品質は、主にホイルの張力の変化によって影響を受けるアルミニウムホイルの品質の鍵である。要するに、医薬ホイルを切断する際には、まず高度なモデルを選択すると、デバイスの動作では、張力の検出と制御システムの特性を理解するために、アルミ箔材料の使用は、妥当な張力と巻き戻しプロセスの緊張の減衰と補償を確立するために、機器の緊張のソフトスタート、ソフトストップ、品質の問題の生産を防ぐために。アルミホイルロールの張力の変化に注意を払う必要があります材料の品質、重量、厚さの均一性、切断速度の変化の影響を受けているので、巻き戻しと巻き戻しの張力を設定するには、これらのアルミニウム箔の特性。巻き戻しと巻き戻しの張力の精度を確保するためには、張力試験ローラーを最大速度よりも高くし、動的バランスを取り扱い、表面に正確な動作張力を提供するのに十分な角度を与えなければなりません製品品質の安定性

2136064 2136064 製品
スリットシリーズ
レベリングシリーズ
平鋼シリーズ
コイルアップリンダー
お問い合わせ
引き合い